らいふドカン( ゚Д゚)!|生活・キチママ・鬼女まとめサイト

らいふドカン!は2chを中心とした生活に関するまとめサイトです。キチママや鬼女、ずうずうしい人の話など、色々な話題をたくさん取り上げてまとめています。

0件の新着コメント
53: 名無しの心子知らず 2012/06/29(金) 20:04:04.06 ID:nHuE+zIm
近所のA子ちゃんのピアノ発表会で 
演奏後の花束贈呈をした。 
A子が控え室に戻ったところでBママが発狂 
「アンタみたいな小娘が男から花を貰うなんて10年早い」 
「ピアノ弾くより男たぶらかす方が…」 
「藤子不二子…」 
って感じで暴れだし、A子が持っていた花束を奪い踏み潰した。 
そうこうしているウチに過呼吸で倒れ、救急車を呼ぶことに。。。 

タンカに乗せて運ぶときに、バッグから財布が落ち 
それが何故か他人の財布 
もしやと言うことでバッグの中身を確認したら、他人の財布がゴロゴロと。。。 
結局、救急車でなくパトカーに乗ってお帰りしたらしい 

まぁどこまでホントか知らんが  
(花束粉砕は事実) 
花は人を(女性を)狂わすモノなのか? 

0件の新着コメント
513: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/28(日) 22:11:05 ID:8qOKgzQc
彼氏が最近バカとかブスとか近寄るなキモいとかばっかり言ってくる。 
じゃれ合いじゃなくて、眉間に皺寄せながら真顔で言うから嫌われたのかなと思って少し距離を置くと、今度は「冗談だよ好きだよ」「可愛いから言うんだよ」と態度がころっと変わる。 
それで仲直りして一緒にご飯食べに行くと食事中ずっと携帯ポチポチ触って会話してくれない。 
たまにする会話は「ジュース入れてきて」「灰皿貰ってきて」だけ。 
会話を弾ませたくて「なにか追加注文する?」と聞いても「今いそがしーんだよブス」とか言ってくる。 
なんか疲れた。もういいや。

0件の新着コメント
637: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/03(水) 17:31:11 ID:gKRV5lWr
俺の車のサイドミラーの中に住んでる蜘蛛が図々しい 
掃除しても毎朝新しい巣作りやがるからしばらく放置してたらどんどん立派なものになってくる 
しかも信号待ちの時、風に煽られてボロボロになった巣を修繕しようといそいそ出て来やがって気味悪い 
そのまま車走らせて巣にしがみついて耐えてんの見るとちょっと気の毒になるじゃねえか 
あんまり心配かけさせんじゃねえよちょっとは気い使え! 

0件の新着コメント
78: 名無しの心子知らず 2012/06/30(土) 16:11:46.28 ID:np7l+zdT
なんか (´・ω・`)← に耳生えたネコみたいなのが 
会議してるビジョンで再生されてる私の話でも・・・ 

・宅急便のおっちゃん(よく来る) 
・泥親子(後に近所の人だと判明) 
・私(ほぼ引きこもり。人生の80%は損してるらしい) 

宅「○○さーん、お届けものでーす!」 

泥「あら、ゲーム届いたのね。よかったわね××ちゃん!」 
子「ママ ゲーム買ってくれたの?!ありがとう!!」 

宅「いや、これ このお宅へのお届けものなんですが・・・」 

泥「だから、私は ここの家のモンなの。わかる?」 
 「嘘ついてるって言うの?!たかがゲームでぇ??」 
 「(※以下、運送会社の方への暴言が続きます。うるさかった。)」 

私「あんたを うちの家族に入れた覚えはない」

0件の新着コメント
426: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/26(金) 12:50:34 ID:U+wzRu46
合コンで出会った男性がいた。 
趣味が同じで話が合い、雰囲気が好みだったのもあり惹かれていき、食事のお誘いのメールをした所OKと言われたので食事に行った。 
お店に入ると待合ゾーン(席はなく簡素な仕切りがあるのみ)のすぐ横がテーブル席でその席のお皿が片付けられていなかった。 
そのお皿を見て彼が「米粒残ってるね、農家の人に失礼だよね」と言った。 
そして席に案内され、メニューを告げ、料理を待っていると彼が右隣の席の人を見て「横の人、箸の使い方がおかしいよね。親がちゃんと躾してくれなかったんだろうね」、 
左隣の人を見て「スパゲッティでスプーンを使うのは本場ではマナー違反なんだよね」と周りの人のマナー非難をしていた。 
何度も聞こえてますよと諌めたのだが、でも俺間違ったこと言ってないですよねと返されるだけだった。 
「君は箸の使い方もスパゲッティの食べ方も正しいから食事マナーがOKだったのもあっていいなと思ってるよ。 
やっぱりそう言うのがなってないのはどうかと思うよね」 
右隣の人は気まずそうにこっちをチラチラ見て料理を残してお会計をしてしまった。 
すると「ねえ、隣の皿見て。残すのは作ってくれた人に失礼だって習わなかったのかな?」 

内容は間違っていないがあなたもマナー良くないよなぁと思い、彼からの告白は丁重にお断りした。 
食事に誘っておいて告白を断るとはマナー違反とか言われたけど知らね。

0件の新着コメント
670: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/03(水) 23:01:25 ID:cSsokXWn
自分に甲斐性がないだけかもしれんが元彼女の話 
付き合い始める前からデート代は全額自分が負担してた。 
そういう決まりがあったわけではなくて、単に「ちょっと出してもらっていい?」の一言が言えない性分なので、 
なんとなくの流れで食事、車、映画やその他諸々全てを払ってた。 
食事の後に財布すら出さない、ご馳走様も言わないのがデフォだったのが引っかかり続けて3ヶ月、 
さすがに毎回2倍出すのは金銭的にきついと思い始め、 
「今まではずっと払ってたけど、これからはちょっとでいいから払って欲しい。あと、せめてご馳走様は言ってほしいな」と 
思い切って切り出してみた。何故もっと早く言わなかったんだ?という意見があると思うけど 
もともとかなり気難しい相手だったので、どう機嫌をこじらせずに言うかのタイミングを計ってたのもある。 

まあ、案の定「食事は男が出すと思う」「彼氏を立てるつもりで出さない」「貰ってる給料が違う」「食事で出してもらった分、コンビニとかに寄った時は自分が払うつもり」 
などの言葉を並べながらへそを曲げてしまった。ちなみにコンビニだろうが何だろうが財布すら見たことない。 
そんな元彼女をなだめつつ、一応の結論として「これから食事に行った時は負担する」という言葉を貰った。 
そして、その話し合いをした次の食事パスタ屋にて 
いつもどおり財布を見せない彼女。自分の頭の上に「?」が浮かびつつも今までどおり支払って 
帰りの車中、これもまた機嫌を悪くさせないようにさりげなく「こんど食べに行った時は○○がちょっと出してね」と言ってみた 
すると・・・ 
「毎回払うのはきついし、お金を出さないといけないと思ったら今までみたいに気軽にゴハン食べたいって言えない、 
今までゴハンとか出したこと無いから財布を出すタイミングがわからない」とマジギレされました。 
タダメシありついてやろうって感じより単に常識が無いような子だったけど、 
ずうずうしいと思いました。

0件の新着コメント
394: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/26(金) 00:15:32 ID:3YgVsBs5
今は就職しているけど。 

学生時代に6年間付き合った彼女に冷めた。冷めたのは交際四年目。 

当時、俺は彼女の母親に会いたかったが(結婚を意識したため)、彼女が猛烈に反対した。 

「私の母親と会っても意味がない」の一点張り。 

なお、彼女の母親は俺に会いたがっていた。娘の恋人がどういう男か気になっていたみたい。 

何回か頼んでも彼女の母親に会わせてもらえなかったので、諦めた。そして、冷めた。 

「この女の人と結婚はありえないな」と悟った。 

交際四年目で冷めたが、学生が終わるまで残り二年間ずるずる続いた。 

その後、卒業後に別れ、お見合いで今の妻と結婚。

0件の新着コメント
704: 名無しの心子知らず 2012/07/12(木) 15:00:33.38 ID:Ho0OhEzd
小さいけど解決済の話。纏まりきれずに長くなってしまったごめんなさい。 

普段置き場決めてるんだけど、リモコンとかちょっとしたものが 
よく部屋で行方不明になって困るズボラの自分。 
特定商品についている懸賞はがきとシールとか、買い置き電池とかちょっとしたキーホルダーとか 
無くなってすごく困るって程じゃないけど、探す物を本当によく無くす。 
子供も同じでDSソフトとか出しっぱなしにして行方不明になる事数回。 

そんな中ネットで旦那が良い物を見つけてくれて、 
半径10メートルくらいの間なら親機から受信機へ向けて信号飛ばすとアラームが鳴って場所を知らせてくれるキーホルダーを買ってくれた。 
試して良かったら他の物も試してみようと試験的に携帯とお気に入りの化粧ポーチに付けてみた。 
子供もソフト入れとかに付けて、お揃いだねーとか喜んでいたら泥発覚。

0件の新着コメント
361: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/25(木) 12:39:03 ID:zY0GboEi
ふと思い出した昔の理不尽な冷め。 

当時気になっていた男性が、実は物凄いマッチョだったという事。 
顔はのび太によく似ていて、穏やかというか柔和な印象だったのに、 
服を脱ぐとシュワちゃんのようなムキムキマッチョだったらしい。▽体型。 
実際私は見てなかったけど、それを聞いてギャップにドン引きしてしまった。

おすすめPICK UP

このページのトップヘ