らいふドカン( ゚Д゚)!|生活・キチママ・鬼女まとめサイト

らいふドカン!は2chを中心とした生活に関するまとめサイトです。キチママや鬼女、ずうずうしい人の話など、色々な話題をたくさん取り上げてまとめています。

9件の新着コメント
573: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/01(日) 16:31:53.01 ID:Xhkv3x68
某レンタルビデオ屋で海外ドラマのDVDを借りた
1~5巻までまとめて借りて、家で見てたらどうもおかしい
話が全然繋がってない、おかしいな?と思ってPS3から取り出してディスクを見たらプラケースに書いてあるのと違う巻数のディスクだった
具体的に言うとケースには2巻と書いてあったのに4巻のディスクが入ってた
当然借りた4巻のケースには4巻のディスクが入ってた

あー、こういうこともだろうなwと思って次の日お店に持っていって店員にその旨を伝えたところ
すぐにちゃんとケースもディスクも2巻の物を用意してくれた
そして2巻だけ今日から1週間ということにしてくれた
正直2巻だけ1日期限が延びたところで1・3~5巻は元の返却期限だから何の足しにもならない
ちょっとモヤモヤしたけど、ありがとうございましたって言って帰ったんだけど
後々家族に報告したら「えっ、1枚無料券みたいなの貰えないの!?」と少し憤慨してた
自分ももしかしたら1枚無料になる的な対応してくれるかも?って期待してた
図々しいかな?

12件の新着コメント
577: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/01(日) 17:54:58.30 ID:DOmXmSgW
二日前嫁さんが子供連れて車で実家に帰った。
一人初詣から帰ってくると見知らぬ車が俺んちの駐車場に停まっている。
かれこれ5時間くらいたっているが、だれも来る気配がない。
どうしたものか。

0件の新着コメント
296: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/25(金) 22:21:49.62 ID:RQrScSQf
高校生の時、バイト先に向かうべく自転車で走ってた
すると前の方からも自転車に乗ったおばちゃんが
少々狭い道で、すれ違う時危ないぞと思って少し速度を落として出来るだけ右に寄った
そしていざすれ違うぞと思った瞬間自分とは反対側を走ってたおばちゃんの自転車が急に切り返してこちらにぶつかって来た
とっさにブレーキかけたし、軽く前輪同士がぶつかる程度で済んだ
すぐに「すいません!(てかなんで俺が謝ってんだ?とも思った)」と言って、おばちゃんの自転車の前かごから転げ落ちた果物を拾いに行って手渡した
てっきりおばちゃんが「ごめんなさいね~」俺が「いえいえ、それでは」で済むと思った

おばちゃん「ちょっと、どういうつもりよ」
俺「え?」
おばちゃん「危ないわね、あんたどこの子よ!!」
俺「は?意味わかんねーよ、ぶつかってきたのお前だろ!」
そして何か喚いてるおばちゃん放置してバイト行った
なんでおばちゃんって俺はこちら側走るからすれ違うときは分かるよね?ね?
アピールしてんのに、直前でキュッっとこっちにぶつかりにくるんだろう・・・

4件の新着コメント
639: 1/2 2012/01/03(火) 11:57:14.07 ID:ebqIhu3+
帰省する時に電車で起きた話です。
いつも、新幹線ではないですがグリーン車がある快速に乗って帰るんですが
その電車は車両の長さによって、グリーン車の車両が違うもので
かつ、座席指定ではなく「空いていたら座れる」というもの。グリーン車に立ってるだけでも切符は必要。
たまにはグリーン車でゆったり座ろうと思い、切符を買いホームで電車を待っていると、後ろにおばさんが並んだ。

0件の新着コメント
415: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/29(木) 08:46:02.32 ID:AivqRxwI
この前一人でくら寿司に行ったんだけど、平日の夜だしカウンターはガラガラだった。
カウンターの客は俺の他に3席程離れたとこに一人だけ。
食べてる途中でオッサンが一人案内されてきて、更に向こうに座った。
ところが、こちらを見るとガラガラなのにその席を離れてわざわざ俺の隣に移動してきた。
『何だよこんなに空いてんのに…』
と思いながら気が付いたんだが、俺とそのオッサンとの間に例の皿の投入口は一つ。
各々が食べた皿の数はセンサーで椅子ごとに感知する様になってるらしいが、その時はそれを知らなかった。
だから、一つの投入口に二人で皿を入れたらカウンターはどうなるんだ?と思って、オッサンに
『俺、この投入口に皿入れてますから。』
と言った。
すると、オッサンは少しうろたえた様子で
『あっ…ああ…そうそう、二人で入れるとカウンターがたまに計算を間違えることがある。今までに2、3回あったな。』
と言いながら気まずそうに席を一つ空けた隣に移動した。
その時やっと気が付いた。オッサンがわざわざ隣に座ってきた理由に。

0件の新着コメント
416: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/29(木) 08:49:38.27 ID:NZyqXeIs
実家が美容院なんで、晴れ着の着付けをやってくれとか
セットやってくれってお願いが年末年始、成人式、七五三の時期に急増する

当たり前だけど、そんな時期なんて明け方から店開いて、予約のお客さん相手に母は働いてるし
会社員の父や妹だって母の手を煩わせないよう
家事は2人で分担してやって、朝もそっとスタッフさんたちに
簡単に食べられるような差し入れ置いて黙って出勤するくらい気を遣ってる。

「空きの時間にチャチャっとでいいんで」「普通に頼むと高いじゃん?」
「あなたでもいいから」と、皆同じような事を言う。

空き時間なんかあるなら明け方から店開けたりしないし
無理なお願いしてきて、割引なのか無料奉仕なのかを求められる意味もわからないし
私は美容院の娘に生まれただけで、免許も技術もない本職別の人間

私の親友の結婚の際に、母が自分から言い出してお祝いにって
顔剃り(理容師も持ってる)とか、ティアラ貸し出しとか
縮毛矯正やトリートメントなんかを無料でやってあげたことがあって
職場で、親友の話を又聞きした違う部署の人まで
「式場やエステサロンに頼むと高いんでー」とか図々しく
店の番号調べて電話をかけてくる。親友の同僚でーす!って親友ですらよく知らない人なのに。

というか、今日からやっと私は年末休みなのに
今朝もその電話で起こされた。

大晦日に年越しパーティーやってそのまま初詣行くからセットと着付けお願いできないかなぁーって。
そういう人は、もう店で予約とってると言っても、娘なんだからお母さんに言って融通してもらってとしつこい。

幸い、実家の場所しらない人だからダメで押し通して切ったけど
朝7時半からかけてくる神経を疑う。

4件の新着コメント
508: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/30(金) 23:49:56.68 ID:aLo15ycL
病み上がりの夫を4時間もパソコン修理にこき使っておいて
お礼がコーヒーだけ。
日中の用事を早々と済ませて頑張ったのに
ウチとはちょっと距離があって、失礼のない時間帯に間に合うようにと
高速使って行ったのに、その高速代すらナシ。
夫は電機屋で働いていて、そこで購入してやったから直すのも当たり前ってか。
最近まで入院してて復帰したばかりの夫
頼まれるのは仕方ないと思いつつも疲れて帰ってきた夫を見て
今無性に腹が立ってる。

3件の新着コメント
425: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/29(木) 11:10:34.38 ID:ZA5g9Alq
今年はカミさんが早々と産休で実家へ、俺は暮れ正月と自宅待機
(万一の場合は出勤も有り得るが可能性はゼロに等しい)
まあ、適当に酒飲みながらネットやって家でマッタリと正月過ごすのも悪くはない

昨日で通常の出勤は終わり、一同で仕事収め
さーって、今日はプチ大掃除やって仕出しのおせち料理買って、
一週間分の食料と飲み物蓄えて明日から引き篭るぞ~!

と思ったら妹からメールあり
「妹旦那と大喧嘩した
 離婚も視野に入れている
 明日そっちに向かうからしばらく泊めさせろ
 子供も一緒」

さて、どうやって居留守使おうか
あれって部屋暗くして物音立てなければ大丈夫なん?

3件の新着コメント
515: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/31(土) 03:16:38.45 ID:N7obrL87
知り合い弟さんが図々しい。

もう既に父親も亡くなって、長男が家督を継いでいるのに、出戻りで戻ってきて
大して家の手伝いもせずに、小遣いだけせびって、ニートぐらし。
知り合い自身も五十路で、弟さんは8人兄弟の末っ子とは言えアラフォー、俺よりも遥かに年上なのに
本人働く気も無い上に、アラフォーの分際で「まだ自分は若いからなんとかなる」と思ってる。
アラフォーで就労経験無いなんて、幾ら名家の生まれでも既に人生終わったも同然なのに
なんでそんなヘラヘラして生きて行けるのかわからない。
図々しいを通り越して、もうなんというか周囲全てが可哀想になってくる。

0件の新着コメント
575: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/01(日) 17:34:14.20 ID:0tc2W/cO
かなり前のことになるが、正月に帰省するために飛行機もJRも満席だったからしょうがなくフェリーを使ったことがある
行きは5割ぐらいの搭乗率だったろうか、一番安いザコ寝の二等もそこそこパーソナルエリアが確保でき、なかなか快適な船旅だった
問題は帰りで、二等はほぼ満席の上にガキが多くてウンザリ
乗船後、すぐに係員に「差額払うから今からB寝台に変更できますか?」と聞いたらまだ空きがあるのでOKとのこと
俺はすぐさま移動した

翌朝、この日は航路に台風並みの低気圧が接近していて、予定通り着岸できるかどうかも怪しいとアナウンスが流れた
まあ悪天候が原因で翌日の仕事始めに間に合わなかったらむしろラッキーかな、、、などと思っていたら、
船酔いが原因であちこちからガキがゲロゲロ吐き出したようだ

「ようだ」というのは俺はその現場を直接見たわけではなく、方々からガキの泣き声と介抱する親の声が聞こえたのでそう判断した
そのうち二等が地獄絵図と化したのか、何人かの親が無断でB寝台エリアに入ってきて
「どなたかタオル持ってたら貸してくれませんか?」
「酔い止めの薬あったらわけて下さ~い!!」
「携帯電話持ってる方がいたら大至急貸して下さい!!!」
等とうるせえうるせえ

船に乗るんだからタオルや酔い止めはあるけど、おめーらに汚されたり消費されるために持ってきたんじゃねーっつーの
携帯は持ってたけど当時の通話料は高いし、船内の公衆電話なんかしばらく待ってればじきに空くだろうが

仮にこういう輩を一人助けたら次々に「あたしも!」「うちも!」「次はこの子!」となるのは目に見えてる
俺はタヌキ寝入りを決め込んだけど、料金上乗せしたのに快適に過ごせなかった子連れがずうずしいってことで

おすすめPICK UP

このページのトップヘ