らいふドカン( ゚Д゚)!|生活・キチママ・鬼女まとめサイト

らいふドカン!は2chを中心とした生活に関するまとめサイトです。キチママや鬼女、ずうずうしい人の話など、色々な話題をたくさん取り上げてまとめています。

ずうずうしい話

0件の新着コメント
867: おさかなくわえた名無しさん 2011/07/19(火) 11:53:13.05 ID:aVTFrji1
病院の外来専用の駐車場に車を止めて、子供の診察を終えて車の所に戻ったら、乗せていってくれくれに遭遇した
タクシーかバスを使えと言うが、「お金がもったいない。あんたが私を乗せればタダだ」とかなんとか
顔も知らない赤の他人だから、無視して帰ったけど、ちょっと怖かった

0件の新着コメント
196: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/26(日) 16:20:19.39 ID:osL/5Pn8
車に乗って信号待ちしていたら、青になった瞬間に後ろから 30前半っぽいオバさん車にクラクション鳴らされた。しかも去り際に睨まれた。
どうやら 「早く前に行け!」と言うことらしいのだけど。

……あのですね。前にはまだ車が列を作って並んでいるのですが。
さらにスーパーの出入り口があるから、こちらはワザワザ開けているのですよ。
急かすよりも、状況を目で見て理解できませんか?

それよりも、オバさん。
膝に犬を乗せて遊ばせたまま車を運転しているって、どういうことなんですかね……?

自分のダメっぷりにも気付かずに、上から目線でクラクションを鳴らせるオバさんがとんでもなくずうずうしい。

0件の新着コメント
219: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/27(月) 08:02:52.35 ID:g7xOavvQ
左折などの流れで

自転車でも曲がる時、腕を横にまっすぐ伸ばすなどの合図がある
先日、自転車乗っていたら十字路の数メートル前で、斜め前を走っていた人がいきなり腕を横に突き出した
驚いた拍子にハンドル切り損ない自転車ごと横転し、目の前には車
そのまま気が遠くなった

気がつくとお巡りさんがいて、私はずっと知らない女性に頭を撫でられていた
その人は車に乗っていた人で、私を避けようとして電柱にぶつかってしまったらしい
すぐに警察に連絡し、私が気がつくまでずっと介抱してくれていたとか
ちなみに元凶の人は我関せずとそのまま行ってしまったらしい

その運転手さんにはしばらくしてから両親と共に菓子折り持ってお礼に行ったが、下手したらこの世にはいなかったかと思うと本当に怖かった


0件の新着コメント
273: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/27(月) 19:22:54.91 ID:59hNqWtd
数人でくだらない武勇伝語りをしていた時、男友達が
「図書館の本をずっと返してなかったら、この間図書館から電話がかかってきた。
でもなんか無くしたっぽかったから2回目の電話かかってきた時に、
もうブックポストに返したって嘘ついたw」と、自慢気に語り出した
全員ドン引きで、正直に謝れと責めたけど、
「はあ?なんで?図書館もう行かないから関係ないし」

機会があったら図書館にちくってやろうと思っている
その後も「税金で本買わせてやってんだからいいじゃん。
俺消費税払ってるもん」等とバカなことを言っていた

0件の新着コメント
305: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/27(月) 22:42:59.27 ID:Fiq2Ps8O
某ちゃんぽん麺屋にて。
俺がメシを食っていると、三十路くらいの女が来店。
しかし店は既に満席で、かつ三人くらい待ってる状態。
と、ちょうどその時、俺の隣のおっちゃんが食事を終えて会計に。
すると三十路女、「お客様、順番にご案内を‥‥」という
店員さんの制止を無視してズカズカ突進。空いた直後の椅子に陣取り
「ちゃんぽん麺とギョーザ!」「テーブル早く片してよ!」

(-д-)ずうずうしい

0件の新着コメント
329: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/28(火) 12:10:43.52 ID:qnKcR2xk
数年前、後輩と居酒屋で飲んでいた時の話。フェイクあり。

そこは店半分がプレハブみたいな建物、残り半分がテントになっていて、
屋台みたいな雰囲気で人気店だった。

しばらく後輩と飲んでいたら見知らぬ女性客が三人、こっちの席にやってきた。
そして後輩に向かって
「○○懐かしいねー。元気?」と声をかけてきた。
後で聞いた話だと高校時代、後輩をいじめていた同級生グループだった。
「じゃあ、これ頼むね」
そう言ってレシートを後輩に押しつけて三人はテントの隙間から出ていった。
あまりの早業に唖然としていたが、店員が近くに来たので「そこの隙間から出ていった客がいたよ。これそいつらのレシート」と言ってレシートを渡すとそれには席番号が印刷されていたので自分たちのではないことは理解してもらえて、
「たまにあるんですよ」と言うが早いかダッシュで追いかけていった。

自分達も帰ろうと思っていたところだったのでチェックして店から出ると遠くの方でさっきの店員が三人に追い付いていて、三人は盛大にファビョっていた。

「なんか後で仕返しされたら守るから。」というと、後輩は「そこまではしないと思います。住んでるところも離れているし。もう少し強くならないとダメですね。」と言った。

そのときの後輩が今では
俺の嫁さんなら良かったのにと、ふと妄想する俺がずうずうしい。

0件の新着コメント
351: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/28(火) 18:43:25.20 ID:LHmQU3Om
数年前のGW前の話

他部署の営業部長Aが、四月の末に研修と懇親会を兼ねた勉強会があるので参加しないかと話を持ちかけてきた
その勉強会は二泊三日で、三日目はGW初日にかかるものの午前中で現地解散というスケジュール
それだけなら興味はあったがその内容をじっくり調べたところ、取引先のメーカーB社が主催するもので、
要はB社の商品をパンフレットだけでなく、物理的・科学的に知識を高めてもらうために営業が召集されたというもの

俺はスタッフ部門で、B社商品の附帯設備(オプション)にも一部とはいえ設計で深く関わっていた
広く浅い知識が要求される営業とでは勉強の質が異なると思い、俺は参加を断った

ところが直前になってA部長から何度も参加を催促されるようになった
最初は(俺)君の勉強になるだの、いい経験になるだの言っていたが、要は人数の埋め合わせが狙いだったようだ
どうやら主役である営業の方でドタキャンが数名発生したらしいが、冗談じゃない俺は将棋の歩か

「人数さえいれば良いと言うなら、クジ引きで適当に社員を選べばいいんだし、
 B社と関わりがなければダメと言うなら、ドタキャンした営業を参加させるべきでしょうね」
と俺は断固として断った

ちなみにGW後、言い出しっぺのA部長も勉強会に参加していないことが分かった

0件の新着コメント
287: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/17(月) 16:06:49 ID:xQU6NItv
ちっちゃいことだけど小学校の頃の出来事を思い出したので書きます。 
体育の授業の前の休み時間に友達が「シャツ貸して」と言ってきた。 
胸が透けるのがイヤだからという理由だった。(私も友達も女です) 
体育があることを忘れていて準備していなかったらしいのだが、 
だからって人の着てるシャツを貸せとはなんて自己中なんだと思ってびっくりした。 
代わりに私の服が透けるのは構わないのかと…。 
第一、ぺたんこなんだし誰も見ないだろ!と思ったけど黙ってた。 
勉強できる子なんだけど、時々ズレている不思議な人でした。

0件の新着コメント
328: 豚竜田 2008/11/18(火) 15:27:50 ID:RfEO7ocH
オークションサイトを見てたらあるオークションサイトがプレゼントコーナーというのを設けていた。 
コーナーの趣旨は『要らないおもちゃや必要なくなった物を無料で差し上げてもいいという人のコーナー』らしく、ハッ○ーセットのおまけ(未使用)やらケロ○のぬいぐるみ(みた感じ綺麗)やら古そうなロ本(マニアに売れば高そう)やらが出品されてた。 

無料のコーナーの割に中々いいものがあったので興味本位で見てたらある漫画の同人誌が。 
しかも出した人の自作らしくコメントには『○○×△△メインです☆売れ残りだけどタダであげます♪有り難いでしょ?今なら私が作ったオリジナル○○シールもついてくるよ☆欲しいでしょ?』みたいに書かれてた。 

誰がこんなもの欲しがるのかと。 
コメントがずうずうしすぎたのでカキコ。

0件の新着コメント
341: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/18(火) 21:30:57 ID:vyzUzw/U
マネキン(スーパーなどの試食販売のバイト)をしたとき、お昼休みに社員食堂を利用した。 
派遣なので一日だけその店に行っては仕事だけしてまた別のスーパーに。かなり孤独。 

ひとりポツンと食事していたら、60歳くらいのおばちゃんが話しかけてきた。同業者らしくて 
いろいろしゃべっていたら、そのおばちゃんが封筒をだしてきて「ちょっと宛名を書いてほしい」 
「ちいさく字を書くことがつらい、この住所だけかいてほしい」と。 

食事も終わったし、いいですよと書いてあげたら 今度は報告書をだしてきて私が代筆する羽目に。 
スーパーの雰囲気や客層など・・・私も書かなきゃいけないのに昼休みが丸々代筆でつぶれた。 
書き終わったら速攻どっかに行ってしまい、売り場であってもそっけなし。なんだかなー。 
今もどこかのスーパーで誰かに代筆させているのかも・・・。

このページのトップヘ