らいふドカン( ゚Д゚)!|生活・キチママ・鬼女まとめサイト

らいふドカン!は2chを中心とした生活に関するまとめサイトです。キチママや鬼女、ずうずうしい人の話など、色々な話題をたくさん取り上げてまとめています。

修羅場

0件の新着コメント
660: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/15(木) 02:02:54.29 ID:QMz8hp8s
料理で思い出した若かりし頃の修羅場
お下品注意です。


煮物を作ってた時…
コンロ下の調味料を取ろうとしゃがみ込んだ途端
『バフッ』同時に『ピーピーピーピー』
心臓が飛び出る勢いでビビりながら何のアラームか探す私

ガスの警報器でした orz…
ガス元は私の放屁でした orz…

前日に夫が警報器周辺を掃除してくれ、上に設置するのを忘れてました。

天然ガスを感知してくれた警報器の優秀さに驚きつつ
放屁で警報器を鳴らしてしまった恥ずかしさで爆発したくなりました。

0件の新着コメント
660: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/15(木) 02:02:54.29 ID:QMz8hp8s
料理で思い出した若かりし頃の修羅場
お下品注意です。


煮物を作ってた時…
コンロ下の調味料を取ろうとしゃがみ込んだ途端
『バフッ』同時に『ピーピーピーピー』
心臓が飛び出る勢いでビビりながら何のアラームか探す私

ガスの警報器でした orz…
ガス元は私の放屁でした orz…

前日に夫が警報器周辺を掃除してくれ、上に設置するのを忘れてました。

天然ガスを感知してくれた警報器の優秀さに驚きつつ
放屁で警報器を鳴らしてしまった恥ずかしさで爆発したくなりました。

0件の新着コメント
652: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/14(水) 23:23:15.90 ID:AUtuI5Be
ほんの数日前に起きた自分的修羅場。

俺は地元から離れて、犬と一緒にマンション暮らし。
明日は休みだから1人でつまみ作りつつゆっくり酒を飲んでたんだ。
部屋でちびちび飲みながらのんびりしてたら、めちゃめちゃ大きな音で火災報知器がなった。しかもマンション全体で。

慌てて犬抱いて外を見たら他の住人も「何これどうしよう?!」ってカンジ。
とりあえずほぼ初対面の住人たちと話し合った結果、マンションの外に出ようということになり、非常階段で降りた。(当然だけど、あーいう時ってエレベーターの電源落ちるんだね)

外に出て、蒸し暑い中待ってると某警備会社の人が来て原因を調べてくれた。
その後30分程たって、はっきりした原因を教えてもらえないままエレベーターが復旧して各自部屋に戻ってもよいとのこと。

自分の部屋に帰ると玄関先に某警備会社の人…話を聞くと…


俺が直前まで揚げてた天ぷらが原因でした…orz
大量に揚げたモンだから、台所の温度が急激に上がって火災報知器がなったらしい…

他の住人たち、せめて同じ階の人だけにでも謝った方がいいのか、現在も脳内修羅場中です……

0件の新着コメント
632: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/13(火) 06:37:44.09 ID:zRF0bgVk
人命かかってたんで個人的に修羅場
改行とかおかしかったらすまん

3年くらい前に母親、俺、妹、弟の4人家族で2階建てアパートの1階に住んでたんだ。
間取り的には3部屋+台所で5万くらいの地方ならではの安家賃
んで、その日は母親は1ヶ月に1度ある夜の九時くらいまで仕事がある日で
弟は生徒会の仕事で帰ってない。
俺と妹の二人だけが家に居てテレビ見てたんだけど夜の8時くらいだったかな。
いきなり、上の辺りからガタンガタンッってすさまじい音が聞こえてきた。
俺と妹は、なんだ?って感じだったがちょっとすると外から女の子の声で
「お母さん、大丈夫?」
ってしきりに呼びかける声が聞こえてきて、あれこれまずいんじゃね?
ってなって慌てて外に出ると女の人が倒れてて傍で娘らしき5,6歳くらいの
女の子がしゃがんで女の人に話しかけていた。

長すぎと怒られたので続きます。

0件の新着コメント
308: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/12(火) 17:04:53.29 ID:BCXVvaZX
なんかジジイ話で炎上しているとこ悪いんだけど、うちのジジイが発端となった
修羅場。

ある日の夕方、家族と1階にあるリビングでテレビを見て寛いでいたら、2階から
ドーンっと物凄い音が。もしやじいちゃんが脚立とか何かから落下したのか?と
思って(じいちゃん体格がいい)母が血相かえて2階へ・・・。
そしたら母が笑いながら登場。本人爆笑しながら「笑い事じゃないんだけど、とりあえず
上見に行って」と言われて父と2階へ。
そしたら我が家は2階にも台所があるんだけど、そこの備え付けのコンロが大破してる。
すごい太くて丈夫な部分もグニャリとひん曲がり、なぜか台所ビショビショ。
ポカーンとして見渡したら、台所の天井は壊れ台所横の居間に散乱する真っ二つになった
湯たんぽ・・・。(その湯たんぽはプラスチックではなく、鉄?の素材)
そして厚い防犯ガラス入りの窓にはヒビ・・・。
後になってわかったんだけど、じいちゃんが湯たんぽを作ろう!と思って湯たんぽに水を
入れて、それを直接コンロにかけたらしい・・・。しかも湯たんぽの蓋をしめて・・・。
普段はちゃんと薬缶で湯たんぽのお湯をわかしてたんだけど、その時はじいちゃんの中で
「あ~このまま火にかけりゃあ湯を入れる手間が省ける!」とひらめいてしまったらしい。
もうあの部屋と台所の惨状は修羅場だったし、修理代とかも凄くて家族も修羅場だった。
幸いじいちゃん、湯たんぽ爆破時は階段の途中で手すりを付け替えたりしていたので無傷でした。

0件の新着コメント
884: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/26(月) 21:04:22.50 ID:es4Z+Oyh
戦後のドサクサでなんか知らんが急に成り上がった母の生家 
曾祖母が所謂女傑で曾祖父が冷静なブレーン(後ろで曾祖母を操るのが曾祖父) 
近隣では知らぬものがいないくらいの金持ちになる 
そこで育った祖父は跡継ぎっー事て、沢山のお手伝いさんに大事に育てられる 
筆おろしは年のあまり変わらないお手伝いのお姉さん 
しばらくしてその人を妊娠させてしまった 
激怒した曾祖父母は、結構ひどい仕打ちでそのお手伝いを追い出す 
それどころかその人の家族まで地元から追い出してしまった 
時が過ぎて祖父も適齢期を迎え近隣のお嬢様を嫁に貰う 
的中率が良いのかハネムーンベビーを授かるが、世間体が悪いと曾祖母が言い出し堕胎させる 
その後2年くらい出産を許されなかった 
ようやく産まれたのが母 
ところが母は軽度の障害持ちで、なんとか高校卒業まではこぎつけたが就職できず 
曾祖父母と仕事関係にあった父を何だかんだで婿養子に貰う 
養子で入ってみれば、中は余りにひどい家庭で、痴呆の出だした曾祖母、家庭を省みない祖父、 
泣いてばかりの祖母、空キレイな母 
たまらず父は幼い私と共に家を出た 

という話を、結婚を期に父から聞かされたのが、私の修羅場 
私の容姿が曾祖母によく似ていて、結婚相手が曾祖父を思わす雰囲気なので 
戒めのために教えてくれたらしい 
しかも「余りにひどい家庭」の部分は今はとても教えられんと話してくれない 
ちょっと怖い

1件の新着コメント
796: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/21(水) 19:43:02.80 ID:fgZsJUXW
・幼稚園の頃遅く帰る予定だった父が夕方に帰宅してすぐに家の鍵を玄関に投げ捨てそのまま出て行った理由が祖母、母、私で先に夕飯のすき焼きを食べていたからじゃなかったと知ったとき 
・高校生頃に父が逮捕された 
・母が父のことを愚痴っていたので「離婚すればー?」と言ったらその三日後には離婚した(一年前程のこと) 
・なんやかんやで離婚後も一緒に住んでいる 
・祖母が癌と分かり10日ほどでなくなった 
頻繁に総合病院で検査やらを受けていたので家族は狐にでもつままれた感じだった。 
・祖母の葬式で母の姉夫婦の息子(40代バツ2)の彼女が来ているのにも関わらず元嫁が現れた。 
そして元嫁はバツ2との子供を式場において帰った。(子供が希望したため)バツ2男は元嫁との子供溺愛で滅多に会えないため歓喜してて殴りたくなった。 
彼女はめっちゃいい人で祖母とも面識があり、祖母は気に入っていた。彼女可哀想で見てられなかったorz

0件の新着コメント
858: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/25(日) 13:22:18.04 ID:TOdJ46+0
真夜中にバイクで山を走りに行った時の一人プチ修羅場。大した話じゃなくてすまん。 
心霊スポットで有名な某山林を真夜中に一人でバイクで走ってた。民家があるところに出て、信号で止まっていた。 
ふと横を見ると3歳くらいの男の子が1人で裸足で走っていて、自分の横を通り、曲がり角を曲がっていった。 
こんな夜中に一人であぶないなーと思い、信号が変わってその子の様子を見ようとして同じ曲がり角を曲がった。そしたら、そこはすぐに行き止まりで男の子の姿はなかった。 
全身に鳥肌がたって、即帰宅した。よくよく考えたらお盆真っ盛りだった。お盆の夜のバイクはもうやめます。

0件の新着コメント
806: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/22(木) 19:42:57.40 ID:YTsv9bfe
お見合い話の修羅場 
長文失礼 

20代後半の頃、伯母がお見合い話を持ち込んできた 
が、最初から話が変だった 
良い人がいるんだけどお見合いしない?~と言うので 
じゃあ何処の誰?と尋ねると 
名前聞いたら私が話を断るだろうから、って先方が言うから誰かは当日のお楽しみ! 
なんて言われてので、そんな変な見合いはしたくないとお断りしてたんだけど 
伯母が私の顔を立てると思って会うだけ会って!ってしつこく粘られて 
気に入らないときはあっさり断るけどそれでもいいか?と渋々承諾した 

相手の家に行ったらなぜか中学の部活の先輩がお茶を出してきてビックリ 
さらに見合いの相手が中学の同級生の兄であーなるほど 
で、相手の母親が自分ちがいかに裕福でお金に困ってないかを一方的にしゃべりたくって 
あ~そうですか~、わ~すごいですね~としか相づち打てず 
そのうち息子自慢が始まり「うちのお兄ちゃんはね~」に私の感性が引っかかり 
話止まりそうにないし、退屈してきてたし 
「お兄ちゃんはね」を何回言うかを数えながら 
「あ~いつまで続くんだぁ~何の拷問!?」って思いながら話を聞いてたのが修羅場だった

0件の新着コメント
863: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/26(月) 10:15:02.82 ID:+J7Wo7/P
大昔の少年団のキャンプ。現地に着いてテントを張ったところで集合。リーダーの人曰く、 
「こんな場所しか取れなくてごめんな。」と。向かいの古い木造の建物は以前結核の療養所 
で、テントを張った所は亡くなった人の墓地の跡で所々凹んでいるのは埋葬した跡とのこと。 
夜になると上流の広場から人骨が発見されたとかで子どもは全員パニック。

後でわかったんだが木造の建物は営林署、テントを張った所の凹みは苗木を植えた跡だった。 

あの時のリーダー、お前らやり過ぎだ!

このページのトップヘ