らいふドカン( ゚Д゚)!|生活・キチママ・鬼女まとめサイト

らいふドカン!は2chを中心とした生活に関するまとめサイトです。キチママや鬼女、ずうずうしい人の話など、色々な話題をたくさん取り上げてまとめています。

修羅場

0件の新着コメント
98: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/24(木) 21:00:18.14 ID:jCNedEbx
先日、職場に精神疾患だけど医者から就労可能と言われたAさんがバイトに入った
働いている姿は全く普通の人で、最初は怖がっていた職場も普通に接するようになった
だが、先週行われた歓迎会で、Aさんはビールを飲みそのせいか態度が豹変
いかに自分が虐げられた存在か、周りはもっと自分に優しくしろと言い出した
遠巻きにする職場の面々。しかし実は精神疾患持ちの私は構わずに、Aさんの前に行くと
「ねぇ、何の薬飲んでる?」
と尋ねた。すると私も飲んでる飲酒厳禁の薬を飲んでいると言う。しかも「飲みたいから」お医者の注意は無視していると笑っていた
思わず頬を張り倒し
「自省できないで好きなことしておいて、周りに理解なんて求めるな!大人しく薬を決められた通りに飲みなさい!人に優しさを求める前に優しくしてもらえる努力をしろ!!」
そんなことを怒鳴ったと思う。多分、もっと支離滅裂だったろうが・・
泣き騒ぐAさんを「黙れ!」ともう一つ張り倒し、飲み会会場から引っ立てて行った(「これ、Aさんと私の分ね」と5000円置いて行った)
そして外に出ると
「親呼べ」と目の前で電話かけさせて迎えに来させ、車に乗るのを確認してから私も帰宅した
(ちなみに私は素面です。絶対に飲酒しないようにしている)
翌日、Aさんが親と職場に来た。Aさん親は私に封筒を渡し
「これからもよろしく。同じ病気を持つ同士仲良くして下さい」
と言う。吐き気がしたので後は上司に任せて私は仕事に戻った

Aさんは今もバイトしているが、向こうが私に擦り寄ろうとすると、みんなで引き離してくれる
みんなに自分のことを話し、決して迷惑かけないように働いて来てよかった
時折、強く怒られると症状は出るがたいていは「またヘタれてる。泣いちゃだめだよ」と言われて終わってます

0件の新着コメント
100: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/24(木) 22:09:25.47 ID:jUIAR/sH
当たりやすいけどうまい魚に当たった。
全身筋肉痛のような症状で、冷たいものに触れると痺れを感じる。寝ても立っても座っても痛いし、ときどき眠れないほどの激痛が何時間も続いたりする。
はじめは変な筋肉痛だと思っていたよ。まさか魚でこんなことになるとは。
父と私しか食べておらず、父からの電話で発覚。ていうか食べる前に教えてくれよパパン。
一昨日から激痛でろくに眠れてないのが修羅場。
あと毒がはやく出るよう病院で点滴してもらいにいったら、保険証のない患者と間違われて点滴の量と血液検査をどうするかお医者さんに迷われたことと、点滴がなくなってチューブに血が逆流したのが小さい修羅場だった。

0件の新着コメント
64: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/22(火) 19:40:45.30 ID:y6gzpo4L
コンビニの駐車場にバイク停めてトイレ休憩したり、買い物していたら防犯アラームの音とガシャーンと派手にバイクを倒す音が。
直後にギャーという叫び。

子供がバイク乗りたいと親におねだり、親が勝手に俺のバイクに乗せる。
防犯アラームが鳴り、親がびっくりして子供を下ろそうとしてバイクを倒す。
子供がバイクの下敷きにという事らしい。

親が必死にバイクを退けようとするも200kgの車体は女性では起こせず。
俺も飛び出して子供を確認したら、運悪く子供の太ももにステップがグサリと刺さっていた。
動脈やっていたらヤバイと思った。だから、車体を起こしてステップが抜けるのを避けるために中途半端に持ち上げる結果に。
コンビニの店員やお客さんとかが手伝ってくれて救急隊が来るまでずっと中途半端に持ち上げて、止血したりしていた。

その後救急隊が到着したが、ステップが大腿骨を粉砕して突き刺さっているから抜くとかなり危険という判断に。
結局子供にステップが刺さったまま、バイクを起こした後にステップを切断した。
子供はすでに気絶。たまたま通りかかった看護師の人がずっとバイタル?取っていたから危険な状況ではなかった。

子供が搬送されたあと、今度は警察呼んで事情説明。ただコンビニの防犯カメラからも明らかに相手が悪いということがわかっていた。
調書とった後に親を追いかけて警察も病院へ。
残された俺は血だらけでステップがなくて動かせないバイクが残るのみ。
まぁ、右ステップが切断されたのでリアブレーキを使わなければ乗れないことはなかったけど。
ただ、急制動が難しいから結局レッカー呼んでバイク屋まで運んでもらいました。

もちろん後日親にバイクの修理代金とレッカー費用はきっちりと請求して払ってもらいました。
その時に親に説教しようかと思ったけど、憔悴の仕方が半端無かったから気をつけるようにとしか言えなかった。
ちなみに子供は全治2ヶ月で足のケガ以外は打撲程度だったそうです。

今まで最大の修羅場だった。

このページのトップヘ